新潟で脱毛やシミ治療はきど皮ふ科へ。

きど皮ふ科 Kido Skin Clinic

電話番号 025-273-4112
アクセス
初診予約
メール相談
再診予約

ドクター・スタッフ紹介

院長 木戸 学 Kido Manabu

【学歴】

平成9年3月
新潟大学医学部卒業

【経歴】

平成9年4月
新潟大学医学部皮膚科学教室入局
平成11年4月
長岡赤十字病院皮膚科勤務
平成12年4月
新潟大学医学部附属病院皮膚科勤務
平成14年4月
長岡赤十字病院皮膚科勤務(皮膚科副部長)
平成15年4月
新潟大学医学部附属病院皮膚科勤務
平成17年9月
きど皮ふ科開業

【資格】

平成16年10月
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医取得

医師を目指した経緯は?

私は、幼少のころから、アトピー性皮膚炎や、喘息などのアレルギー性疾患があり、近くの皮膚科や小児科などに頻繁に通院し、治療を続けていました。
治療を続けている中で、実際苦しい症状を治していただいたり、診察していただく時の医師の仕事に対する姿勢を見て、感謝と尊敬の思いを抱くようになりました。
自分自身が本当に苦しい時に、真摯に関わってくださった医師との出会いから、私自身も人の役に立てるような人間になりたいと思うようになり、自然に医師を志すようなりました。

皮膚科を選んだ理由は?

私自身がアトピー性皮膚炎の患者であったことから、私にとって身近な診療科目であり、皮膚疾患についてより深く知識を得たいという思いがありました。
幼少期から治療は続けていたものの、受験のストレスや、事あるごとに症状は悪化し、症状が思うように改善せず、かなり悩まされてきた経験があります。
症状がひどい時には、身体的に辛いだけではなく、思春期の頃は外見にも悩み、同時に周りの家族にも心配をかけました。特に母親は、心配のあまり民間療法にも頼るようになりましたが、高額な薬代を払ったものの、症状はかえって悪化し後悔したことを覚えています。
たくさんの情報が飛び交う中で、患者様やその家族は、より良い治療法を求め、悩み、苦しい日々を過ごしていることを私の経験からも十分察することができます。 中には、間違った情報も多く、つらい思いをしている患者様の心を惑わすような民間療法があるのも事実です。
そのような中で、少しでも正しい情報を提供し、患者様に寄り添った診療をしていきたいと考えました。

美容医療を始めたきっかけは?

開業時は保険診療のみを行っておりましたが、日々診察をする中で、シミなど美容に関する悩みや治療の相談を受けることが多くあり、多くの方が美容に関する悩みを抱えていることに気付かされました。 中にはエステなどでしみや脱毛の施術を受けられた方の皮膚トラブルの相談などもあり、トラブルを抱えながらも美容の施術を受けている方が多いことを知りました。
そのような中で、皮膚科医の専門的な知識の下で安心して施術を受けてもらえるよう、より安全な美容医療を提供したいと考えるようになりました。

数年をかけて改めて美容について勉強し、スタッフとともに実際に様々な美容医療機器を試し、練習を行いながら試行錯誤し、いよいよ美容医療を開始しました。

しかし実際始めてみると上手くいくケースばかりではなく、シミの種類によっては十分に効果を実感できるような結果が得られずご満足いただけないこともありました。
日々反省と勉強の毎日の中で、お陰様で多くの患者様の治療を行わせていただくことができ、その経験を通じて多くを学ばせていただくことができました。
実際は一人一人の肌質は個人差が大きく、複数の種類のシミが混在している場合も多いため、1種類の治療だけでは効果があまり期待できない場合がほとんどです。
その経験から症状や治療の経過に合わせた効果的な機器の選び方も学ばせていただき、それに合わせレーザー機器などの種類も徐々に増え、今では様々なシミや症状に合わせて、医師が最適な機器、照射法を選択し、複数の施術を組み合わせたコンビネーション治療を行い、多くの患者様からご満足いただけるようになりました。

これからも日々の治療を通して勉強させていただき、常により良い治療を目指し皆様にご満足いただけるよう努力していきたいと思います。

患者様へ一言

皮膚科は、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年代の患者様が来院されます。
どの年代の患者様にも安心して受診していただけるよう、しっかりお話をお聞きし、丁寧な説明、対応を心がけております。
保険診療、美容医療を問わず、不安や悩みを抱えて来院される患者様に、安心して受診していただけるよう、今後もスタッフ一同努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。

看護師紹介

S.Kさん

保険診療専門だった当院が美容も始めると院長から聞いた時、とても正直うれしかったです。私自身ソバカスとシミがコンプレックスだったので同じように悩んでいる患者様の手助けになれたらうれしいと思いました。当初は想像以上にシミのタイプが多い事、またシミのタイプによって機械の選択が必要で難しかったですが、多くのレーザー照射を経験できたことにより、シミの動きの予想ができるようになりました。綺麗になって喜んでくださる患者様とたくさん出逢え、こちらが元気をもらっています。シミやソバカスで悩んでいる患者様が少しでもその悩みから解放され自信をもって明るく生活していただけるよう、これからも患者様の悩みに寄り添いながら精一杯治療していきたいです。

M.Sさん

先生やスタッフの和やかな雰囲気にひかれ就職しました。病棟経験しかなかった為、開業医の難しさと不安、そして子育て中でも家庭と仕事を両立しなければならない厳しさに何度も心が折れそうになりましたが、文献を読み技術の練習と先生やスタッフのサポートがあり今まで乗り越えてこれました。先生とスタッフに支えてもらった分、これからは、自分の知識、経験を若手に引き継ぎ皆で成長していこうと思います。

O.Kさん

(脱毛の施術経験はあったが)ヴェクタスの機械を初めて使用しました。機械が重く、肩こり、腰痛が悪化し、湿布を貼りながら仕事をしていました。治療ベッドの高さを変えてみたり、治療しやすい方法を試行錯誤し自分なりのやり方を見つけることで体の問題はなくなり、患者様の赤み、痛みに配慮しながら治療のスピードをあげることもできました。これからも、同じ部位での施術でも人によって赤み、痛みが違うので、より個別性に応じて配慮をしながら、照射部位の広い患者様には長時間の治療による苦痛が少なくなるよう心がけていきたいです。

N.Kさん

初めは言われるまま目の前の事に取り組んできた美容でした。実際に患者様に施術させて頂き、患者様の美意識の高さにプレッシャーや恥ずかしさを感じましたが、反面、綺麗になっていく患者様に刺激され、患者様の前でも恥ずかしくないよう意識して努力するようになりました。これからも美へのアンテナをはり、プラスのアドバイスができる技術の向上と自分自身も女性で良かったと思える仕事をしていきたいと思います。

S.Mさん

入社当時は皮ふ科勤務の経験もなく初めてのことばかりでした。特に怖くて痛くてつらい治療に苦戦しているお子さん達をなだめながらの処置は思ったより難しいと感じていましたが、自分も母となってからは、小さい子達をなだめたり、それを見守るお家の方々の気持ちを踏まえて接することが大事だなと思うようになりました。これからも、患者様の気持ちやつらさに共感し、相談しやすい看護師になれるよう頑張りたいです。

H.Hさん

私は息子の出産を機に、日勤のみで働けるところを探していました。また、せっかくの転職であるため、自分の興味のある美容医療を行っている、きど皮ふ科への転職を決めました。今まで働いたことのない皮膚科、美容皮膚科の転職は毎日わからないことばかりで勉強の日々でした。家に帰ってから、家事と育児をしながらの自己学習は思っていたより大変でした。ですが、優しい先輩達の指導のおかげで日常業務をこなすことが出来るようになりました。今は息子にも寂しい思いをさせることなく過ごせ、ワークライフバランスがとれた充実した日々を送れています。入社して1年が経ちますが、まだまだ未熟者です。息子も3歳であり皆様にご迷惑をおかけすることも多々あると思います。ですが、これからも日々勉強し先輩達から吸収できるものは全て吸収し1人前になりたいです。

M.Mさん

自分にとっても身近な皮膚について詳しく知りたいと思い、また美容に興味があったため両方の治療を行っているきど皮ふ科で働くことにしました。皮ふ科で勤務することが初めてで、疾患や治療法を勉強したり処置を練習したり慣れない日々でしたが、スタッフの皆さんに練習に付き合ってもらったり調べてもわからないこと等、教えてもらい徐々に慣れていくことができました。今でもわからない事があれば教えていただき、助けていただいています。今後も患者様により良いケアができるよう頑張っていきたいです。

  • 初診予約
  • メール相談
  • 再診予約

きど皮ふ科へのご予約・お問い合わせはこちらから

患者様一人一人のお悩みに向き合い、ご相談を承ります。

TEL
025-273-4112
診療時間
9:00〜12:00 ● ● ● / ● 10:00
まで※
15:00〜17:30 ● 16:00
まで※
● / ● /

火曜日午後は15:00~16:00まで
※16:00~17:30は美容外来のみ
土曜日は9:00~10:00まで
※10:00~12:00は美容外来のみ

木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診いたします

  • 初診予約
  • メール相談
  • 再診予約