一般皮膚科

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の患者さんは、遺伝的にアレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)と、皮膚のバリア機能が弱いという体質を持っています。
そこに、環境要因や、精神的要因が絡み合って発症すると考えられています。痒みのある特徴的な皮疹ができ、適切な治療を行うことで、症状は治まっても、繰り返しやすいという特徴があります。

一般的にはアレルギーの側面ばかりが取りざたされますが、むしろ皮膚のバリア機能の異常のほうが重要と言われています。ですから、治療はアレルゲンの検索にこだわるよりも、適切な外用薬の使用、スキンケアが主体となります。
アトピー性皮膚炎の治療の目標は、正しいケアで症状を抑え、症状が良好な状態を長く保ち、快適に暮らすことです。
そのため、外用薬と内服薬による、重症度に応じた正しい治療が必要になります。
そして、症状が治まった後も、スキンケアを続けることで、良い状態を保つことができます。

正しい薬による治療によって、炎症を抑えるとともに、スキンケアを行うことがアトピー性皮膚炎の治療の大原則となります。

  • 初診予約
  • メール相談
  • 再診予約

きど皮ふ科へのご予約・お問い合わせはこちらから

患者様一人一人のお悩みに向き合い、ご相談を承ります。

TEL
025-273-4112
診療時間
9:00〜12:00 ● ● ● / ● 11:00
まで
15:00〜17:30 ● 16:00
まで※
● / ● /

※火曜日の16:00〜17:30は美容外来のみ

木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診いたします

  • 初診予約
  • メール相談
  • 再診予約