医療脱毛について

脱毛前の注意事項

毛抜きによる体毛処理はお止めください

レーザーは毛の毛根に反応するため、毛抜きで抜いてしまうとレーザーが反応せず、効果が少なくなります。
そのため、脱毛期間中、毛抜きによる自己処理はお止めください。
最低施術前3週間は毛抜きを行わないでください。カミソリ等で毛を剃ることは構いません。


日焼けした肌への照射はできません

医療レーザー脱毛のレーザーはメラニン色素に反応します。 日焼けした肌に照射すると、皮膚のメラニンにも反応してしまうため、火傷など肌トラブルの原因になります。また、皮膚が日焼けしている状態の場合、効果的な出力でレーザー照射できないため、効果が少なくなります。
脱毛を予定される前や脱毛期間中は、日焼け止めを使用したり、衣服で遮光するなど日焼けをしないよう十分に注意をして下さい。


施術前日までに毛剃りを済ませてご来院ください

レーザー脱毛は毛根の黒色に反応します。そのため、少し黒い部分があった方が脱毛効果がありますので、剃毛は施術の前日を目安に行ってください。
また、剃毛せずにレーザーを照射すると痛みを強く感じたり、やけどの原因になる場合がありますのでご注意ください。


施術前に、お化粧や日焼け止めをしっかり落として下さい

レーザー照射部位に、お化粧や日焼け止めが残っていると、レーザー光を過剰に吸収し、肌トラブルの原因になります。
お顔だけではなく、手足などに日焼け止めクリームが塗られている場合も同様ですのでご注意ください。
施術室に隣接してパウダールームもございますのでどうぞご利用ください。


治療中の病気や、内服中の薬があればお申し出ください

治療中の病気や、内服中の薬の内容によっては、施術を受けていただけない場合がございます。


脱毛後の注意事項

脱毛部位の皮膚は敏感になっています

脱毛後はお肌が敏感な状態になっています。
治療当日は浴槽での入浴は避け、シャワー程度にしてください。入浴は翌日からしていただいて構いません。
脱毛部位を洗うときはナイロン製のあかすりでゴシゴシとこすることは避け、石鹸を十分に泡立ててから、手や柔らかいタオルでなでるように優しく洗いましょう。


脱毛部位に赤みやかゆみが出現することがあります

レーザー照射後、毛穴に赤い斑点が出たり、毛穴が膨らんで見えることがあります。
また、赤みやまれに小さな水ぶくれができ、かゆみを感じる患者様がいらっしゃいます。
これらは一時的な反応で、心配はいりません。
かゆくて掻いたりすると、一時的にシミのような色素沈着が生じることがありますのでご注意ください。

治療後必要に応じて、炎症を抑えるための軟膏を処方いたします。
1日2回朝と入浴後に、強くすりこまず優しくのばすように塗ってください。
かゆみや赤みがなくなっても中止せず、皮膚を触った時、ザラザラ、ブツブツしている間は塗り続け、肌がすべすべになるまで続けてください。


脱毛後の日焼けにご注意ください

脱毛後は、肌が紫外線によるダメージを受けやすい状態になっていますので、レーザー照射後の日焼けは厳禁です。
強い日焼けをしてしまうと、まれにシミのような色素沈着が出ることがあります。これは時間経過とともに軽快していきますが、このようなことが起こらないよう、脱毛期間中は日焼け止めを使用したり、衣服で遮光するなど日焼けをしないよう十分に注意をして下さい。


脱毛部位の保湿を心がけましょう

脱毛後は、お肌が乾燥しやすくなります。肌が乾燥すると、敏感肌になりやすく、肌トラブルの原因になります。
脱毛期間中は刺激の少ない保湿剤などで保湿を心がけてください。


  • 初診予約
  • メール相談
  • 再診予約

きど皮ふ科へのご予約・お問い合わせはこちらから

患者様一人一人のお悩みに向き合い、ご相談を承ります。

TEL
025-273-4112
診療時間
9:00〜12:00 ● ● ● / ● 11:00
まで
15:00〜17:30 ● 16:00
まで※
● / ● /

※火曜日の16:00〜17:30は美容外来のみ

木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診いたします

  • 初診予約
  • メール相談
  • 再診予約