一般皮膚科

帯状疱疹

子供の頃にかかった「水ぼうそう」のウイルスによって起こる病気です。
水ぼうそうが治った後もウイルスは体に潜んでいます。体力低下、過労、病気、老化などによって、ウイルスに対する抵抗力が落ちてくると、 体の奥の神経の中で眠っていた「水ぼうそう」のウイルスが突然目を覚まして活動を始め、帯状疱疹が起こります。

体の一部分の神経に沿って病気が起きるので、体の片側に帯のように赤みや水ぶくれができます。皮膚症状の出る数日~1週間前から、ピリピリ、チクチクとした痛みがこります。 体の奥の神経の中で眠っていたウイルスが、神経を傷つけながら皮膚表面に現れてきます。一度神経が壊れてしまうと、皮膚症状が治っても神経痛が長引くことがあり、「帯状疱疹後神経痛」と呼ばれ、数カ月から数年続くことがあります。 ウイルスが皮膚や神経に与えるダメージが少ないうちに治療することが最も大切です。

治療は、抗ウイルス剤の内服をします。帯状疱疹が出た後、数日以内に内服を開始しないと効力が落ちます。そのためできるだけ早期に治療を開始するのが理想的です。 非常に高価なお薬ですが、帯状疱疹後神経痛などの後遺症を最小限にするためにも必要です。
ウイルスが増えるのを抑える塗り薬や、傷を治す塗り薬も症状に合わせ使用します。

また、痛みに対しては痛み止めの内服を行います。痛みを残さないためにも、痛みに対する治療は重要です。 帯状疱疹後神経痛が残ってしまった場合は、プレガバリン(リリカカプセル)の内服で治療します。その他、痛みが非常に激しい場合は、麻酔科やペインクリニックでの治療をお勧めすることがあります。

帯状疱疹は、触っても他の人にうつることはありませんが、水ぼうそうにかかったことのない人には、帯状疱疹としてではなく、水ぼうそうとしてうつることがあります。 小さなお子さんや、妊婦さんにはできるだけ接触しないようにしましょう。

帯状疱疹は、精神的にも肉体的にも疲れた時に出てきます。十分な栄養と休養をとるようにしましょう。仕事に関しては、内容にもよりますが、無理のないようにしてください。

  • 初診予約
  • メール相談
  • 再診予約

きど皮ふ科へのご予約・お問い合わせはこちらから

患者様一人一人のお悩みに向き合い、ご相談を承ります。

TEL
025-273-4112
診療時間
9:00〜12:00 ● ● ● / ● 11:00
まで
15:00〜17:30 ● 16:00
まで※
● / ● /

※火曜日の16:00〜17:30は美容外来のみ

木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診いたします

  • 初診予約
  • メール相談
  • 再診予約